STAFF BLOGブログ

2021.05.14 ブログ

家づくりの進め方

水野 剛久

水野 剛久

こんにちは。営業部営業課の水野です。

5月に入りお天気も雨模様で、コロナ禍によるテレワークやステイホームなど
モヤモヤ、モヤモヤ、モヤモヤ…とされておられるのかなぁと思います。

また梅雨に入りますと高温、高湿となり
体調も優れなくなりがちとなりますのでお
身体にお気をつけください。

 

今回「家づくりの進め方」について、お伝えさせていただきます。
おうち時間が増えている中、このブログを少しでもご参考頂けたらと思います。

初めての家づくり、みなさんは何から始めますでしょうか?

展示場を見に行ったり、資料請求してみたり…様々なことを想像されると思います。
弊社にご来場いただいた方ですと、ホームページや口コミ・ご紹介で情報を知っていただいた方が7、と多いです。
情報も簡単に手に入れられる時代ですから、インターネットで情報収集される方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 …情報はたくさん手に入りますが、何を基準にしていいかわかりにくいですよね。
そもそも初めての家づくりなのですから、慎重になって当たり前です。
まずは何から始めればいいのでしょうか?

弊社では、家づくりの最初の一歩として「計画を立てる」ことをお伝えしています!
当たり前のように聞こえますが、実はこれが重要なんです。

闇雲に総合展示場、個別展示場や見学会などに行かれて、ただ時間だけ過ぎてしまったお客様の話をよくお聞きします。
「結局どこの会社も同じに見えてしまい、印象が良かった営業マン・設計図を無料で提案された会社に決めた」
「ただひたすら見学をするだけで、途中で疲れて挫折した/延期した」
と皆さん話されています。

「計画を立てる」のはこの先の見えない状態に『ゴール』を作ってあげることなんです。
しかし、計画を立てるといっても、何について計画を立てればいいのでしょうか?

計画は大きく分けて「建築」「資金」「時期」の3つです。
それぞれ詳しく見ていきましょう!

≪①建築≫
「自分たちはどんな家が欲しいのか」ということです。
どんな家、と一言で言ってもなかなかイメージしにくいと思います。
ここで思い出していただきたいのは、
 みなさんがなぜ家づくりを始めようと思ったのか
この「動機」が「建築」の計画に直結しています。

例えば、「今住んでいる家が寒い」のであれば「性能の良い家」に住みたいになりますし、
「アパートが手狭でお子様がのびのび生活できない」のであれば、
広い空間にすることはもちろんですが、「コミュニケーションが取れる間取り」であったり、
「子育てしやすい工夫」が必要になってきます。

このように「建築」の計画に困った時は、家づくりを始めた「動機」を思い出してみてください。
メモしておくと、具体的な計画を行うときにスムーズかと思います。

≪②資金≫
これも家づくりには必須項目ですよね。
まずイメージされるのは、建物と土地のお金だと思います。
ですが、それ以外に「諸経費」といわれるものが必要です。
この諸経費は一定の金額ではなく、その人の建築計画によって変化します。

まずは自分の家づくりの計画にどれだけお金が必要なのか、事前に知っておく必要があります。

「何となくこのくらいのお金が必要かな?」とか、
雑誌を見て「総額これくらい必要なのか!」と考えている方も多いです。
これはあくまで皆さんが希望でイメージされている資金計画で、本当に必要なのは「可能資金計画」です。

この「可能資金計画」は“そのお客様が住宅ローンを返済しながらどんな生活ができるのか”の指標になります。
せっかく新しいお住まいができたのに住宅ローンで生活が厳しい…ということになってしまっては本末転倒。
だからこそ、その人に合った「可能資金計画」を立てることが重要なのです。

≪③時期≫
いかに自分たちが新しいお住まいの入居に向けて
いつまでに何をしないといけないのか、というスケジュールを立てることです。

具体的にお伝えすると、
・そもそもいつまでに建築する会社を決めて
・いつまでにプランを決めて
・いつまでに契約をしなければならないのか
を決めることです。

家づくりは意外と前準備に時間が必要なのです。
前もってスケジュールが組めていれば、余裕をもって家づくりを進めていくことができます。

少し長くなってしまいましたが、以上が「計画を立てる」上で重要なことになります。
この3つの計画は、どれか1つが欠けていても上手くいきません。

遠回りかもしれませんが、着実に計画を立てて一生に一度の家づくりを成功させましょう!

お客様ごとの具体的な家づくりについては、私たち営業スタッフがお話させていただきます。
お気軽にお問い合わせください!

2021.04.25 ブログ

建築条件付き土地とは

水屋 幸春

水屋 幸春

こんにちは。
不動産開発事業部の水屋です。
今回は「建築条件付き土地」についてご説明いたします。




土地購入をご検討されている方は、「建築条件付き土地」という言葉を見かけた方は多いかと思います。
「建築条件付き土地」とは、簡単にいうとその名の通り建築条件が付いた土地です。

一般的には、建築会社が指定されていて、その会社さんと一定期間内に建物の請負契約を締結すること、住宅しか建てれない、間取りや仕様がある程度決まっているなどの条件が付いています。

多くの場合、一定期間内というのは土地のご契約から3ケ月以内に建物のご契約となり、
十分吟味して家づくりをしていきたい方や、こだわりがある方にとってはデメリットになってしまいます。
(注文住宅でも、間取りや仕様に制限があったりすると自由度が少なくなるため)


ここまで聞くと「建築条件付きの土地ってデメリットしかないの?」と思われますが、そうではありません。
ここから弊社の建築条件付き土地のお話をさせていただきます。


まず、弊社では土地のご契約後、建物のご契約まで3ヶ月ではなく、6ヶ月の期間を設けさせていただいております。
理想の住まいの為には、プランニングが重要になります。

土地のご契約後、設計プランナーとお客様とともにヒアリングから始まり、
ご予算に合わせて完全自由設計で外観デザイン・間取り・仕様・性能・資金…等、納得いくまで打合せを重ねてまいります。


さらに弊社建築条件付き分譲地の場合、隣家との窓の配置の配慮や日当たり含めゾーニングのご提案をします。
そのためにも十分な打合せ時間が必要となり、全てにおいて納得いただいた上で建物のご契約となります。
建物のご契約後も即着工ではなく、着工までに理想の家になるよう、様々な打合せを重ねていきます。

土地の所有権移転を行う建物着工前までは、土地代金はいただきません(手付金は必要)。
住宅ローンも仲介の土地と違って、先行して融資実行する必要もなくなります。


せっかくの注文住宅、一生に一度のイベント。
後悔しない様、しっかり時間をかけて家づくりをしたいですよね。
万が一、諸事情で建物のご契約に至らない場合は、土地のご契約は白紙撤回となり、いただいた手付金はご返却いたしますので安心です。


最後に。
弊社では、魅力のある土地だからこそ、建築条件付きにしています。


魅力ある土地で、理想の魅力的な住まいを建てて、魅力的な街並み(分譲地)にしたいと考えております。
戸建てを検討されている方、建築条件付きの土地で理想の住まいを建ててみませんか?

2021.04.24 ブログ

改修

清水 宜孝

清水 宜孝

こんにちは。アフター課の清水です。

今回はアフター課としては珍しい改修工事をしました。
和室と洋室の二間続きを一部屋にして水廻り設備も設けます。
こちらは解体後の写真です。

柱は直接石の上に乗る石場建て、天井には丸太が掛かっていますね。
床下は通気も良く腐食していません、蟻害もありません。
構造材はしっかりしていますが、ボルトの増し締め、桁の下に補強梁、新しく筋交い取付等をしてさらに構造を強くします。

こちらが完成の写真です。

二間が一つになって大きく気持ち良い空間になりました。
断熱材も敷き詰めましたし、快適に過ごして頂けます。
無垢材、和紙クロスの自然素材で仕上げたので、経年変化による味わいを楽しんで頂けたら嬉しいです。

アフター課としてはなかなかこのような工事はありませんので、今回はとても良い経験をさせて頂きました。
お施主様、協力業者の皆様、ありがとうございました。


 

2021.04.22 ブログ

真っ赤な玄関

池上 泰樹

池上 泰樹

皆さんこんにちは!


エーシンホーム 技術部工務課の池上です。


最近は、また福井県でもコロナが流行してきていますね。


引き続き感染予防対策をしっかり行っていこうと思います。



さて、今週は私が現場管理させていただいた物件で、見聞会が24,25日に行われます!


中も外もめちゃめちゃかわいく仕上がっています。


ホワイトカラーの板金外壁に、アクセントとなる真っ赤な玄関戸とポスト。


玄関戸の横には、板金外壁の中に唯一の板張りの外壁でかわいく仕上げてあります!

エーシンホームの物件の中でも珍しい白い板金外壁。


その中にかわいく目立つサッシ周りの木枠。


とてもかっこいいですよね!
(正面からの全体写真です)


今回は内装の写真はあえて控えさせていただきます(笑)


ところどころに使われている、アクセントとなるタモ材は、とてもかわいく木の味を出してくれています。


是非一度、見聞会に足を運んでいただき、ご自身の目で、ご自身の手で実感していただきたいです。


今週24,25日、お待ちしております!

2021.04.16 ブログ

実施設計①

小寺 夏美

小寺 夏美

こんにちは!

最近ちょっとずつ暖かくなり嬉しい反面、春服が全くなく舞に頭を悩ませている小寺です…。

以前、プランナーの深治がこのブログ上で、自分の仕事について話していたのを思い出したので、

私も自分の仕事内容についてお話します!

 

私のしていることは「実施設計」と呼ばれる仕事です。

ひとことで仕事内容を表すなら、暮らしをデザインする仕事です。

プランナーさんは住まいのデザインをします。

間取り、動線、内部空間、外観、構造、パッシブ、生活…

(全部、深治のブログから引用です…笑)

その中でも、生活と内部空間、外観により着目してお仕事をしています。

 

見た目の良し悪しを整える、コーディネーターのお仕事もしているので、

内装や外観の色決めがメインに思われる方もいるかと思いますが、

仕事内容としては、コーディネーター業務だけに留まらず、

時には間取りを変更することもあるほど、お客様の暮らしに寄り添い、デザインしていきます。

 

建築を学んでいる学生さん向けに伝えると、私たち実施設計が描く図面は、

ざっくり種類ごとに分けても15種類以上あります。

目に見えて残る成果としてもやりがいがたっぷりです笑

コーディネーター業務だけでは、これだけの図面を描くことには

至らないケースがほとんどだと思います。

 

しっかりお客様と会話を重ね、それぞれの暮らしに寄り添ったからこそ、様々な図面を描き、

その暮らしを形にしようと、みんな夢中で仕事をしています!

 

あんまり長くなりすぎても読んで頂けないかも知れないので…笑

実施設計業務でしている事と、コーディネーター業務でしている事については、

次回具体的にご紹介しようと思います!

 

お客様だけでなく、設計を仕事にしたいと思っている方たちに、少しでも「実施設計」という仕事に

興味を持っていただけたら嬉しいです!

今回はここまで!

 

これからどんどん暖かくなっていきますね。

次にお会いできるのは、暑い頃か寒い頃か…

2021.04.09 ブログ

新年度

野村 京加

野村 京加

こんにちは。
技術部積算課の野村です。

さてさて皆さん新年度が始まり1週間が経ちました。
環境に変化はありましたか?
「全然変わらない」そんな方もいるかもしれませんが、変わった方が多いのではないでしょうか?
自分の環境が新しく変わる方もいれば、家族が新たな環境になり家族のルーティーンが変わる方など様々だと思います。

積算課にも変化があり、新たな仲間が増えました!!

(デスクは私と違ってまだまだきれいですね。私のデスクは自粛させていただきます。(笑))
配属初日は新入社員なので新たな環境にドキドキしていたみたいです。
話していて私もドキドキしてしまいました。(笑)
私も入社式の時、配属になった時はとても緊張していたのを思い出します。

今となってはいろんな方と仕事の話以外でもたくさん話すようになりました。
最近は難しいですが、仕事終わりにご飯に行ったりプライベートで遊びに行ったり、他にも今までにない新しい経験をすることができました。
新たな経験をすることで、今までできないと思ってたことが意外とできた!など発見がありました。
(できなかったのではなくて、やらなかったことが私は多かったのかもしれません...。)

新しい環境は皆さん緊張すると思いますが、新たな出会いがあり、新しいことを始められるタイミングでもあると思います。
新しい環境だからこそできることもたくさんあると思います。
私は新入社員と一緒に家づくりの基礎からしっかり知識をつけていきたいと思います。

皆さんも新しい環境だからこそできることを挑戦してみると世界が広がるかもしれませんね!

2021.04.08 ブログ

照明

豊島 広晃

豊島 広晃

こんにちは。設計の豊島です。

今日は照明計画についてお話したいと思います。

照明にはダウンライト、シーリング、ブラケットなどいろんな種類があります。

それぞれ特徴があるので、その場にあった器具を提案させていただいてます。

ダウンライトは天井に埋め込むので存在感が少なく、

天井面がきれいになり、すっきりした印象のリビングになります。

ダウンライトは下に光を落とすので、隅などは暗くなりがちですが、

陰影があると落ち着いた印象の部屋になるので、おすすめです。

照明器具以外にも、日中だと自然光をトップライトから取り入れたり、

障子などを利用しやわらかい光にしたり部屋のなかにあかりを取り入れる方法はいろいろあります。

人によって明るさの感じ具合なども変わってきますので、しっかり打ち合わせを行いながら、計画をしています。

モデルルームや見聞会などで、照明の配灯のきれいさなども気にして見てください。

 

 

2021.03.26 ブログ

桜が楽しめる分譲地

吉田 美乃里

吉田 美乃里


こんにちは!
不動産開発事業部、企画の吉田です。
 
この前3月に入ったと思ったらもうすぐ4月…この時期あるあるですね(笑)
だんだん暖かくなってきて事務所の前、さくら通りの桜も満開に近づいてきました。


 

なかなか遠出できない今、こんな景色のよいスポットが近くにあると外出するきっかけにもなっていいですよね。
ということで、今回はエーシンの分譲地の中で、桜が身近で楽しめる場所をピックアップしてご紹介します!

 
■福井市福・福井市西谷


車で10分ちょっとあれば、福井きっての桜の名所・足羽山へ行けてしまいます。
動物園やおしゃれなお店もあり、家族や友達とお出かけするのに良いスポット!
最近特に多くのお問合せを頂いている人気のエリアです。

 
■福井市東郷


中心部川沿いの通りにあるシダレザクラや、東郷小学校・槇山、少し足をのばして足羽川沿いの並木・一乗谷など、実は桜スポットが多いのが福井市南東部にある東郷エリアです。
(一乗谷は秋の紅葉も楽しめます!)
分譲地は平均70坪以上あるので、普段もゆったり過ごせますよ♪
※令和3年秋ごろ造成完了予定です
 
■福井市上北野


エーシン事務所からも近く、同じくさくら通りの桜を楽しめます。
販売中の宅地は残り1区画となっていますが、周りはエーシン・永森建設で新築されて住み始められた方ばかりなので、これから住まわれる方も安心です!

上北野分譲地にはいよいよ来月、新しいモデルハウスもオープンする予定なのでお楽しみに!


 


やはりその土地の雰囲気を知るために現地をご覧になっている方も多いようで、現地看板を見てのお問い合わせもたくさんいただいています。
 
HPの情報や現地を見ても「分からない!」ということがあれば、メールやお電話、事務所へのご来場でも、お気軽にご相談くださいね♪
一緒に家づくりについてもご相談可能です。
感染症対策をしっかり行ってお待ちしております!
 

↓今回ご紹介した分譲地の詳細情報はこちらから!(不動産サイトにリンクします)
【福井市西谷】【福井市福】【福井市東郷】【福井市上北野】

2021.03.19 ブログ

エーシンの「まちづくり」

宇野 憲明

宇野 憲明

私の所属する不動産開発事業部は、土地の仕入や分譲地の開発、
中古物件の再販などを行っています。
現在もいくつかの分譲地の開発、造成工事の真っ只中です。



宅地開発と言っても大小様々ですが、田畑だったところに道路
や公園が出来、均等に揃った宅地が整備され、一つの街になり、
そこに住まい、人々の暮らしが始まると思うと、とても素敵な
仕事に携わらせてもらえている幸せを感じます。



私共は、ただ土地を買って売るだけでなく、その先の豊かな暮らし
を思い「まちづくり」を行っています。

今後の「エーシンガーデン」にご期待ください。
エーシンガーデン東郷も間もなく美しい街になります。

2021.03.19 ブログ

北陸新幹線その後

西川 浩司

西川 浩司

こんにちは 工務課 西川です。

先日、日程の都合と大雪の為に伺うことができなかった。
台風の被害で倒壊していた、文殊山の再建された御堂にやっと行くことができました。

  

綺麗になった御堂の独特な建築技法を観察しながら、二礼二拍手一礼の作法で参拝しました。
前回登頂した際は、まだ再建の最中でした。
屋根瓦10枚を担いで運んだことを最近だったかのように思い出します。
北陸新幹線の工事も着々と進んでいるようです。

最近のニュースで工期の延長、工事金の話がありましたが、無事に完成して、普通に旅行を楽しめる日常になることをお願いしました。

この写真の撮影は3月17日でした。
黄砂の影響で空が霞んでいます。
眺めがすっきりしていないのが残念です。

自分たちの住んでいる町の姿がどんどん変わっていく事にうれしさも感じています。

エーシンでは、各地域にて新たに宅地分譲を、東郷地区・羽水地区・社北地区・などで計画しています。
住宅街が構成されることで、その地域の活性化に繋がるお手伝いをさせて頂けたらと思います。
分譲型のモデルハウスの計画もあり完成の際には是非お越しください。
また、各モデルルームも予約制にて見学・販売中です。
福町の全館空調のモデルハウスは一度体験して頂けたらと思います。

工務課 西川