STAFF BLOGブログ

2019.07.25 ブログ

社長ブログ「名選手名監督にあらず」

社長

社長

よく言われている「名選手名監督にあらず」という名言が最近、私の考え方が変わってきたのではなく、違っていると思えるのです。

私は、小さい時から好きなのは、巨人・卵焼き・大鵬でした。でも最近はアンチ巨人なのです。

巨人には名選手が数多くいますが、1から育てることが大変下手で、すぐにトレードで名選手を獲得するのです。(お金があるからですかね?)これが最近の巨人の手法になっている様で、昔の様な巨人の強さがないのです。

だから「名選手名監督にあらず」なのです。
でも企業では、上記の言葉は間違いで名選手名監督になれるのです。
どちらかと言うと、名選手が名監督に一番近いところにいるのです。

自分がやってきたことや考え工夫したことを教え、新しいことにチャレンジし、失敗し、その時の立ち直り方を教え成功に導き、指導するのです。そのことを続けることでチームの力(部の力)になるのです。

さらに第二の選手・第三の選手を育て、自分の部下が出来てより強いチームの力となって行くのです。

そのことはあなたが名選手であるから出来ることなのです。
“にがい”も“あまい”も分かっているので、部下はついて来るのです。ただここで、名コーチだけでは、名監督ではまだありません。

名監督は、高い木の上でみんなを見る力と采配する力、勝負勘が必要で、さらに新しいことをする時は、方向性を示す力が必要なのです。

勝ち組には必ず選手が黙っていてもついてくるのです。
その勝利を全員で確かめ楽しみ合えば強いチームとなれるのです

最後に名選手は名監督に一番近い星なのです、ここで輝く、名コーチと名監督という星を目指しましょう。

2019.05.28 ブログ

パン焼きたい

未分類

未分類

こんにちは、
設計部の小畑です*

5月なのに、30℃を超えるとは...
驚きを隠せません...

これからの夏はどうなるんでしょうか
夏ならでは、をするのはいいかもしれません!

が、

去年「プールがお湯になってます」という話題を思い出し、
やっぱり今年の夏はどうなるんだろうと
とてもとても気がかりになってしまいます...

---

わたしは最近、趣味ができまして、
毎日「こねたいなぁ(パンを)、焼きたいなぁ(パンを)」と
思っています


きっと暑い夏でも
涼しいお家でこねてると思います
(快適です)


これまであまり趣味を持ってなかったわたしにとって
すごく趣味が持てたことが嬉しいです!! (いちじくが入っているカタカナのパンです
ハード系のドライフルーツが入ったもの、好きです)


もっと道具を揃えたい!!

もっと広くて使いやすいキッチンにしたい!!!!

パンをがしがしこねられる作業台にしたいです
たくさんの道具を片付けられる収納が欲しいです
頻繁に使う道具置くためにオープン収納も欲しいです


また、わたしは細かいことが苦手なので
大胆に使えるセラミックトップが憧れです✨
(お客さんで選ばれてる方がいて、うらやましい限りでした..)


傷にも熱にも強いので
まな板からはみ出しちゃっても
そこでお野菜切っちゃったり、
パンが焼けたら、オーブンから取り出して
そのまま置いてお皿にうつしたりして*


将来、食器も集めたいし、
道具も増えそうだし、
家電増えそうだし...やっぱり広いキッチン


...いいな〜を考えると尽きません。


キッチン1つをとっても、物凄く悩ましすぎます


キッチンだけではなくって、
お家全体を考えていくと..
もう、大変なことですね!!

機会があれば、

ぜひ、こだわりをお聞かせください
ぜひぜひ、たくさんぶつけてください!!

たのしみにお待ちしてます*

↑↑

今度、高柳にオープンしますモデルハウスfiuge(フィーグと読みます)のキッチン!
他にもたくさん見どころがあって、楽しめますので

\\イベントにぜひお越しください//

2019.03.01 ブログ

家事の合間にほっと一息。大人気のママコーナー

未分類

未分類

「一人で台所に立って、料理作って。家族はご飯を食べ終わると
さっさと2階に上がっちゃうし、洗い物をしながら本当に孤独!
私は飯炊きババアじゃない!!」

これは、ちょっと前の出来事になりますが、母が私と父にこぼした一言。

我が家は50代の父母と80代の祖母の4人暮らしです。
(2個違いの兄がいますが、兄は県外で一人暮らしをしています。)

その当事、母は更年期ということもあり、精神的にナーバスになっていたところも
ありますが、すべてを母に任せてしまった事に、父も私も大反省をしました。

特に福井は共働きが多く、仕事で疲れた身体で家事に向かうのは
とっても大変!休みの日にも休みじゃない家事労働は本当に大変ですよね。
20年以上、家族のために働きながら今まで愚痴一つこぼさずに家事全般をこなしてくれた
母の大噴火に、改めてその大変さが身に沁みました。

そんな働くママが家事の合間に休憩ができるママスペースを取り入れるご家庭が
増えているので、そのアイディアを一例ですがご紹介いたします。

エーシンで家を建てていただいた福井市にお住まいのK様のお宅。
キッチンすぐ側にママカウンターを設置。
K様は趣味でアロマワックスの教室をされており、そのスペースとしても
大活躍しています。

続いて福井市Y様邸。階段の踊り場スペースを
ママコーナーにもスタディコーナーにもなるカウンターを設けました。

こちらは本棚が充実しているので家事の合間に
読書を楽しむ事ができそうです。

ちょっとしたアイディアで一息できるスペースを造ったり、ご家族が
率先して手伝える動線を作る事も可能です。現在のお住まいの不満を
ぜひお聞かせ下さい。せっかくの家づくり、楽しみながら進めていきましょう。

2019.03.01 ブログ

いよいよ!

未分類

未分類

私事ですが、今月中旬に自邸を建てます。

現在は基礎まで終わった状況です。
今年は雪が少なく、比較的暖かかったので基礎工事も順調に進み一安心!
去年の様な状況だと建前は延期でした・・・

いままでお客様の住まい造りのお手伝いをさせて頂いているものの、いざ自分の家となるとなかなか決まらない(色々とやりたい事があり)ものですね。

今回、私の家はエーシン新工法にて建てます。
この工法については新たにオープン予定の体験館にて見て頂けますので、オープンの際はぜひお越しください。

自宅だから出来る少し実験的な事もしたいと思っているのですが、結果はどうなるでしょうか・・・

今までお客さまへのご提案は、諸先輩方の経験談や当社モデルの体感からご説明をさせて頂いておりましたが、今後は自邸での経験をもとに、より実体験を基にしたご提案が出来るかと思います。


今度オープンする体験館では私の家の模型がどこかに置いてあります。
よろしければお越しの際に探してみてください!

2019.02.15 ブログ

本は心の栄養

未分類

未分類

本は心の栄養

最近ですが、本を読むようになりました。
今までは本などは全く読みませんでしたが、世界の大富豪は読書を重要視しているというネット記事を真に受けて読書に目覚めたというわけです。


早速本を購入し、読み出しました。
読み出して気が付いたのですが、意外と読書に費やせるまとまった時間がない。
仕事が終わり、こどもをお風呂に入れ、ごはんを食べ、食事の後片付けをして気が付くともう一日が終わろうとしている。。。
休みの日も買い物や家事に追われ、こどもと遊んで気が付くとサザエさんという日がしょっちゅうあります。

恐らく小さなお子さんがいる子育て世代の方はこういった生活ではないでしょうか。
家事・育児に追われて自分の時間がなかなか取れない。
お客様とお話していても毎日の家事を効率良く、短時間で済ませたいというご要望をよく伺います。

そのような子育て世代のご家族のために、エーシンの住まいは毎日の家事がしやすいよう家事動線を短く、必要なところにちょうどいい収納を設けることを心がけています。

リビング隣接のカウンターがあれば、読書やお子様と宿題をしたりなど多目的な使い方もできます。

事例:福井市J様邸

子育て世代の方々、是非エーシンの住まいをご覧ください。

ちなみに今は「1日15分だけ読書をする」を目標に少しずつ読み進めています。
しかし「読む」という作業に追われてしまい、肝心の中身が頭に入ってきていないような・・・
本当に大事なのは本の中身を「アウトプット」することなんですが。

2019.02.01 ブログ

模型造り

未分類

未分類

こんにちは、工務の浜頭です。

1月末より、外の冷たさもますます増してきました。私は、最近流行りのインフルエンザにかからないように、食事と防寒に気をつける毎日です。

2月に入り、現在作業中のエーシングループの体験館の工事の終了まで1ヶ月を切りました。
ここ最近は外構工事の業者さんが忙しく作業をしています。そんな中私は、明日2月2日に、体験館2階の展示場に飾るエーシン新商品のサンプル模型を造る担当となりました。

学生以来、建物の模型造りは行っていなかったので、作業を伝えられた時は、
「模型か・・・細かい作業をうまくできるかな」と心配でした。

実際は縦横2m×2m 高さ2.4mの本格的なものでした。
大工さんと協力しながら頑張って組み上げたいと思います。

体験館は、3月の末に、オープンイベントを開催いたします。エーシンの家づくりの考え方や構造・性能の部分などが体感できる施設となる予定です。

組みあがった模型は、2階展示場にてご覧になられますので、どのように組みあがったのかな、新商品ってどんな構造なのかなと、気になった方はぜひイベントへと足を運びご覧になってください。詳細はホームページにもお知らせしますので楽しみにお待ちくださいね。スタッフ一同心からお待ちしております。

2018.12.15 ブログ

「ライフスタイル」記事 更新しました! -お客様実例インタビュー-福井市 K様邸

未分類

未分類

エーシンでお建ていただいたお客様のお住まいを訪問してみましょう。
-お客様実例インタビュー-

福井市/K様邸
家族構成/夫婦+子ども2人
敷地面積/336.69㎡(101.84坪)
延べ床面積/149.04㎡(45.08坪)

今年(2018年)の9月に完成したK様邸。ご入居後、約2ヶ月経った現在の住み心地や
家づくり当事のエピソードについてお話いただきました。

エーシンとの出会いは、昨年(2017年)の夏。
エーシングループの家づくりにご尽力いただいている大工さんによるご紹介がK様との最初の出会い。
土地から探されていたK様は、エーシンの売り地を気に入っていただき、そこから
エーシンとK様との家づくりのお付き合いがスタートしました。

「素朴でかわいらしい雑貨屋さんのような家にあこがれていました。」

アンティーク小物が好きな奥様。ご自身も趣味で「アロマワックス(火を使わないアロマ)」の教室を
自宅で行いたいと考えていらっしゃいました。キッチン横のカウンターコーナーは趣味スペースとしてもお子様のスタディスペースとしても大活躍。素材も自然素材にこだわり、時と共に味わいが増すような暖かな空間に仕上げました。

スタディコーナー
キッチンの横には、広々としたスタディスペースを造作。Kさんの趣味である「アロマワックス(火を使用しないアロマ)」を楽しめる場所としても活躍中。アロマの心地よい香りが部屋中に広がり、家族の癒しスペースになっているそう。また、子どもが宿題をしたり絵本を読んだりしている姿を、料理をしながら見守ることができ、親子のコミュニケーションも自然と増えたと笑顔で答えていただきました。

「居心地の良い広々リビングが家族の一番のお気に入りスペースです」

リビング・ダイニング
基本リビングで過ごす事が多いというK様のご意向を組み、12帖の広々としたリビング空間をエーシンが提案。
オープンキッチンにすることで、LDKの統一感をもたらすことができ、すっきりとおしゃれな印象に。木材×ホワイトのナチュナルな雰囲気をベースに、ご入居後は家具にこだわり、「ブルー」のソファで爽やかさをプラス。シンプルな空間を活かした、K様お気に入りのコーディネートでお気に入りの場所になっているとのことです。

対面キッチン
対面キッチンからは1階の部屋中を見渡すことができ、子どもがどこにいても安心。間仕切りを極力なくしたオープンな造りで、家族との会話も弾みそうだ。リビング階段も採用し、自然と家族がリビングに集う工夫を。子どもが大きくなってもコミュニケーションができる設計を行いました。



和室
リビングに併設した和室は、客間としてはもちろん、子どもと一緒にお昼寝したり、遊んだりと、フレキシブルに活躍。障子を開け放てば、リビングとつながる伸びやかなスペースが生まれる。大きな窓からたっぷりの光をとりこんだ気持ちのよい空間です。


玄関スペース
収納部分はたっぷり持ちたいというK様のご要望に応え、収納を十分に備えた玄関スペース。ご自宅でアロマの教室をされているので、「大容量の靴棚に家族皆の靴を一気に片付けられ、生徒さんがやってきても安心です。」と収納量に満足の声をいただきました。タタキにはタイルを貼り、モダンな印象に。靴箱の上には幅広のスリット窓を配し、明るい光をとりこめるように提案させていただきました。


外観
記事作成:不動産事業部 企画課 清水 瑛莉奈

その他にもお施主様のインタビュー記事をまとめております。
下記のリンクからチェックしてみてくださいね。

ライフスタイル記事はこちら!

2018.12.12 ブログ

新入社員という名のカメラ

未分類

未分類

夏に戦いを挑んで負けました関です。

季節もいつの間にか冬へと変わり、コートと手袋が手放せなくなってきた今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか?

そんな冬のちょっと前の11月にエーシンに配属された新入社員と異動してきた社員と一緒に
富山県射水市にありますウッドリンクさんの北陸の住まいを考える体験型のショールーム
「ウッドリンク ラボ」へ行ってきました。

出発前に新入社員のみんなに
「おやつは300円まで、バナナはおやつに入りませんから。」
と声をかけるも、一足早い冷たい風が吹いたことは・・・

前置きが長くなりましたが、早速研修内容へ

 スタッフさんの説明を真剣に聞いていますね。
 木造の注文住宅を手がけているエーシンに入社して8ヶ月が経ちましたが
 あらためて「木」について触れてみると、意外と知らないことがたくさんあることに気づきます。

「木」の樹種(種類)によって同じ大きさなのに重さが違ったり
比重が増すと強度は増しますが、断熱性が弱くなったりと
見て聞いて触れることで、わかりやすく研修することが出来ました。

勉強になります。と目をキラキラさせている今年の新入社員の皆さん。
自分の時はどうだったかな?と振り返ってみると
私が入社した頃は、まずエーシングループの工場に配属され
工場から工事現場へ木材を搬入し、たくさんの木に触れながら勉強していたことを思い出しました。
その中でも一番の思い出は・・・

入社して間もない頃、工事現場の棟梁から「貫(ぬき)50束を現場にもってきて」と依頼があり
分かりましたと、翌日に「貫」を50束(長さが3.6mの厚みが1.5cm、幅が9cmくらいの細長い板を計250枚くらいです)を
現場へ運ぶと、棟梁から「ん?何持ってきたの?」と不思議そうな顔で聞かれたので
「貫です」と答えると、棟梁が笑い始めました。
現場に搬入した材料は、住宅の内部で使用する「貫(赤松)」ではなく
基礎工事の丁張りに使用する「貫(杉)」だったのです。
同じ名前でも、使う場所によって樹種も違えば、寸法が違ったりします。
今では笑い話かもしれませんが、当時は工場に戻って工場長から一喝されたのは言うまでもありません^^;

私もそんな体感体験を通して、十数年経った今では、「木」についての想いは誰よりも強くなったと思います。

今回の研修を通して、新入社員の皆さんを通して
改めて「木造住宅」、「福井の住まい」について考えさせられました。
もちろんエーシンには、「木」の事以外にも色んな事に熟知しているスタッフがたくさんいます。
イベント等でお話する機会がありましたら、是非聞いてみてください!
きっと目をキラキラさせながら、不動産以外にも色んな事について教えてくれると思います。

来年の1月には、モデルハウスを利用し「暖かさ」を体感するイベントを開催します。
この機会に是非会場に足を運んでいただいて「エーシンの住まい」を体感してはいかがでしょうか?
皆様の来場心よりおまちしております^^

2018.11.06 ブログ

鈴の音のなか・・・

未分類

未分類

こんにちは 住宅事業部の八杉です

先日、妻と京都の鈴虫寺へ行ってきたのですが、説法が面白いと聞いたので、いい機会なので聞いてきました。

さすがは毎日話されているためでしょうか、難しい仏教の教えを現代風な言葉を選び、時に冗談を交え、うまく話されています。
口下手な私は、うまく話すなと感心しながら面白く聞いていたのですが、その中でいい言葉を聞きましたので、皆さんにご紹介したと思います。


みなさんは『和顔愛語(わげんあいご)』という言葉をご存じでしょうか。
恥ずかしながら私は知りませんでした・・・

この言葉は、『和やかな笑顔と愛情ある、思いやりの言葉で相手に語りかける事』だそうです。

辛いときや嫌なことがあったときに、つい愚痴や悪口を言ってしまう事はありませんでしょうか。
そういう時に、自分から笑顔で優しい言葉を使って人と接することは難しいですよね。

私もなかなか出来ておりません・・・ というか全然・・・

妙に印象に残ったこの言葉を大切にしたいと思い、今我が家の合言葉はこの『和顔愛語』となっています。
不思議と「ありがとう」という言葉も多くなったように思います。
師走も着々と近づいていますが、忙しくても心穏やかに仕事に励もうと思う今日この頃です。

みなさんもよろしかったら、ぜひこの『和顔愛語』言葉使ってみてはいかがでしょうか。


ちなみに、鈴虫の鳴き声は携帯電話で相手に聞えないそうですが、みなさんご存知ですか?

2018.11.02 ブログ

みんな仲良し!不動産事業部! -Part 1-

未分類

未分類

こんにちは、エーシン不動産事業部の企画課の清水です。

今回は何のブログを書こうかと悩みに悩み・・・
そうだ!エーシンで働いているスタッフの紹介をしよう!と思い立ち、
まずは私のデスクのすぐ近くに座っている賃貸課・企画課メンバーのご紹介をさせて頂きたいと思います。(*・ω・)ノ

写真左から、賃貸課の中村・山本、企画課の松村です。
賃貸課の中村と山本は本当に親子のように仲が良く、仕事の報告の様子も
まるで母と息子の会話のよう。notes

中村が定期的にお菓子を私たち若いスタッフに配ってくれるので、
仕事の合間におやつタイムと雑談を楽しみ、リフレッシュをしています。
(ただ、最近おなかのお肉が気になってきているので、運動をしなければ!とひそかに感じています。笑)

山本は私の弟分のごとく、私の冗談話によく付き合ってくれます。
尚、エーシンの事務所のお向かいで飼っているマリちゃんというワンちゃんがいるのですが、
そのマリちゃんと山本が本当にそっくり!
愛されわんこキャラで、私だけでなく、エーシン営業スタッフにもいじられながら、毎日がんばっています。

企画課の松村は、今年の4月から入社してきた私の後輩です。デザイン系の大学出身ということで
デザインソフトを使ったチラシの作成はとっても上手!
センスの無い私はとっても助かっているのです・・・が!
どうもエクセル・ワードは苦手な模様。(あと計算も・・・)
上の写真は先輩スタッフの二人に教えてもらいながら、時には笑われながら、データの集計に苦戦している図です。(汗)がんばれ、松村さん!!

以上、今回のブログでは3名の紹介でした。次回は不動産事業部の営業スタッフの
紹介ができればと思っております。他のスタッフのブログでもスタッフの人間味や仕事の
様子が分かりますので、よければ下記のリンクから、過去のブログもご覧ください。
それでは、次回のブログまでぜひお待ち下さい。(^^*)