STAFF BLOGブログ

2022.09.22 ブログ

“○○の秋”を楽しむ「書斎・趣味スペース」6選!

未分類

未分類

こんにちは、エーシンホームです。

9月も下旬になり、少しずつ秋らしさを感じられるようになってきました。
秋といえば、「○○の秋」とよく言われ、読書や趣味に没頭したり、新しく何かを始めてみたりすることが楽しい季節。
最近は、「テレワーク用の書斎がほしい」、「おうちでアウトドアが楽しめる空間がほしい」という方も多いと思います。

今回は、そんな方にエーシンホームが提案する「書斎・趣味スペース」事例をご紹介します!


◆1:おこもり感が心地よい、ご主人の趣味部屋・2階書斎

明るく温かなナラ材の床で、居心地のよい雰囲気を演出した趣味を楽しむための書斎。
ご主人の好みに合わせて、ブラックのアイアンやクロス、照明器具で、かっこよさもプラスしました。
座っていても手が届く、使い勝手のよい造作本棚もポイントです。
コンセントも充実しているので、仕事部屋としても使える一部屋二役の空間です。


◆2:読書や仕事にぴったり!寝室横の書斎スペース

在宅ワークはもちろん、秋の夜長をゆっくり楽しめる読書時間にも最適な寝室横の書斎スペース。
照明は寝室に合わせた温かな色合いに。
寝る前のくつろぎタイムに、落ち着いてひとり時間を過ごせます。


◆3:仕事がはかどる大きな造作棚のある書斎

書斎の壁一面に、大きな本棚を造作。
持ち帰った仕事を家でもできるように、充実したワークスペースを確保しました。
仕事の書類などを収納するだけでなく、自分の好きな物を飾ってもいいですね♪

◆4:贅沢なプライベート空間!2階テラス

アウトドアが好きなオーナーさまのための、特別なプライベートテラス。
お休みの日は、ここで光や風を感じながらゆっくりとアウトドア気分♪
深いくつろぎを感じながら、贅沢なおうち時間が楽しめそう。


◆5:ロードバイクを楽しむガレージ

ご主人が、趣味のロードバイクを存分に楽しむために作ったガレージ。
ロードバイクを眺めて楽しんだり、メンテナンスをしたり、バイク用アイテムをおしゃれに収納したりできる、ワクワクする空間に仕上がりました!

◆6:光が射し込む居心地の良い書斎

大きな造作本棚のある2階の書斎は、仕事や勉強、趣味など家族みんなで使えるスペース。
天井までの大きな開口から、自然光が豊かに射し込む明るく心地よい空間です。
書斎の奥にはキャットウォークの通路があり、下の階(LDK)へ光を落としつつ、空間を緩やかにつないでくれています。
どこにいても、家族の声や気配が感じられる安心感も!

どの事例も、仕事に趣味に、自分らしい暮らしを楽しむ“好き”が詰まった空間ですね♪
ぜひ家づくりの参考にしてみてください。
この他にも、「住まい実例」で様々な書斎・趣味スペースをご紹介しています。
https://www.eshin-home.com/case/

2022.09.20 ブログ

【家づくりQ&A】品質管理について

未分類

未分類

こんにちは、エーシンホームです。

“人生で最も高い買い物”である家づくり。
ワクワク感や期待も大きいですが、失敗したらどうしよう…と悩みは尽きません。
だからこそ、疑問や不安は少しでも事前に取り除いておきたいもの。
そこで今回は、お客さまから寄せられた質問にお答えします。
ぜひ、参考にしてください。

Q:ずっと住む家なので、会社選びでは家の品質も重要視しています。
どのような品質管理を実施していますか?

A:エーシンホームでは、お客さまに高品質な家づくりをお約束するため、品質について次の2点を設けています。

◆月当たりの着工制限
大切なお客さまの家の品質を守るため、年間の着工棟数の上限を決めています。
これは、職人のオーバーワークによる施工ミスや品質低下を防ぐためです。
施工現場では、専属の現場監督が定期的に現場管理を行い、マニュアル通りに施工されているか、進捗状況に問題はないか厳しく管理しています。
2人体制の徹底チェック・報告を行い、品質の保守に努めています。

◆オーナーさまの立ち合いの下、現場検査を実施
現場検査では、完成までの重要な工程で計4回に渡り、オーナーさま立ち合いのもと検査・確認を実施しています。
これは、品質保守はもちろん、オーナーさまに建物のことをより深くご理解いただくためです。
何を検査しているのか?
検査によってどんなことがわかるのか?
細かな検査項目をご説明し、途中経過を見ていただくことで、安心感にもつながっています。


これらの品質管理を実施することにより、エーシンホームでは、お客さまから「施工・品質管理における顧客満足度90%以上」の高評価をいただいています。

2022.09.15 ブログ

【資金計画】計画を立てる時は「メンテナンス費用」も忘れずに!

未分類

未分類

こんにちは、エーシンホームです。

家づくりを考える上で大切な「資金計画」
多くの方は、
【家づくりに必要なお金 = 家を建ててから完成するまでにかかる費用】
とお考えですが、実はそれだけではありません。
家は、“建てた後もお金がかかる”ことをご存知でしょうか?

そのお金というのが、「税金」「光熱費」「保険料」「メンテナンス費用」などです。
特にこの中でも大事なのが、「メンテナンス費用」。

家は、10年、20年、…50年と暮らしていくうちに、雨風による傷みや汚れ、生活による損耗や不具合など、経年による劣化が生じます。
どんな高品質な家であっても、メンテナンスゼロの住宅は存在しません。
しかし、「メンテナンス費用を抑える」ことは可能です。
では、そのためにはどうすればよいのか?
それには、2つ方法があります。

◆1:素材に合わせた施工をする
例えば、外壁の場合。
・サイディングを張る → 軒を出す
サイディングは、雨風や太陽光により劣化しやすいため、軒を設けて外壁に雨風や光をなるべく当たらないようにする。

・ガルバリウム鋼板 → 軒を出さない
ガルバリウム鋼板は耐水性が高く、雨による劣化はしにくい。その反面、雨がかからないとほこりの付着等で腐食や錆が発生しやすい。

以上のように、素材に合わせて建物を設計、施工することで、素材の劣化を抑えることができます。
また、エーシンホームでは、素材選びにおいても、よりメンテナンスがかかりにくい物を使うようにしています。

◆2:定期的に点検を行う
住まいの定期点検は、“家の健康診断”です。
早期発見・補修で、メンテナンス費用は最小限で抑えることができます。
ただ、国が義務付けている定期点検保証の期間は「10年間」のみ。
それに倣い、多くの住宅会社の無償保証期間も「10年間」です。

しかし、住宅は20年、30年、それ以上長く住み続けるもの。
無償保証期間中は点検を受けても、有償点検になったら多くの方が点検を受けなくなってしまうことが多いのです。
そうして、気が付いた時には劣化がかなり進行しており、多額のメンテナンス費用が必要になるというケースも少なくありません。

そうならないためにも、エーシンホームでは、すべての家において「50年間無料点検」を行っています。
また、有償メンテナンス項目においても、最長50年間の保証延長が可能。
もちろん、ご要望によりそれ以降もしっかりとサポートいたします。

以上のことから、エーシンホームで建てる家は、一般的な住宅よりメンテナンス費用をグッと抑えることが可能です。

とはいえ、メンテナンス費用は家づくりに必要なお金です。
資金計画を立てる際は、この「メンテナンス費用」もしっかりと念頭に置いてプランニングしていくことを忘れないでおきましょう!

エーシンホームでは、将来の暮らし・住まいを見据え、お客さまと一緒に資金計画をプランニングいたします。
家づくりをしよう!と思われたら、まずは私たちにご相談ください!

2022.09.13 ブログ

平屋暮らしをもっと楽しく!『平+(タイラプラス)』のご紹介

未分類

未分類

こんにちは、エーシンホームです。

今、幅広い層から人気を集めている「平屋」。
エーシンホームでも、平屋に関するご相談が増えています。
そんなお客さまのご要望にお応えするため、昨年より新プラン・規格住宅「平(タイラ)」の販売をスタートしました。
“憧れの平屋を身近に”をコンセプトに、規格型といっても、間仕切りの自由度が高い今までにない新しい平屋づくりを、手の届く価格でご提案しています。
https://www.eshin-home.com/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/post-6826/

しかし、子育て世代のご夫婦にとっては、「おうち時間も充実させたい」「将来を考えて子ども部屋が欲しい」など、平屋だけでは満足できないという方も。
このような「暮らしをもっと楽しみたい」という方のために、エーシンホームでは「平(タイラ)」に“プラスαの空間”を追加できる『平+(タイラプラス)』もご用意しています。

『平+(タイラプラス)』は、基本的な生活空間は1階にまとめる「平(タイラ)」をベースに、共有スペースや屋上バルコニー、子ども部屋、書斎などの希望の空間を2階スペースにお造りします。

例えば、将来子ども部屋にできる可変性のあるフレキシブル空間や、広い屋上バルコニー“おそらリビング”など、どんな空間を作りたいかはお客さま次第。
子育て時期から将来の二人暮らしまでも快適に過ごせるよう、エーシンホームの設計士が、ご要望を伺いながら暮らしに合わせた空間をご提案いたします。

暮らしの楽しみも、コンパクトな心地よい暮らしもどちらも叶える「平+(タイラプラス)」。
ご興味のある方は、ぜひ板垣モデルハウス「Ruhe(ルーエ)」をご覧になりませんか?
今週末の9月17日(土)に、「平」と「平+」で建てた新モデルハウスが2棟オープン!
9月17日(土)~19日(月・祝)には、永森建設のモデルハウス2棟と合わせて、合計4棟が見学できるイベントを開催します♪
https://www.eshin-eshin.co.jp/itagaki-smile-park/

お庭とつながる開放感のある大空間や、遊び心のある住まいづくりは、きっと気に入っていただけると思います。
平屋に興味のある方、平屋と2階建てでお悩みの方、家づくりを検討されている方など、これからの家づくりの参考にもなるはずですよ!

ご見学予約はコチラから→https://www.eshin-home.com/modelhouse/modelhouse-5741/

2022.09.08 ブログ

造作による空間コーディネート

未分類

未分類

こんにちは、エーシンホームです。

モデルハウスや完成内見会にご来場いただいたお客さまから、よくこんなお声をいただきます。
「こんな素敵な空間のおうちに住みたいです!」
「造り付けの家具がステキですね!」

このようなステキなおうち空間のコーディネートを担当しているのが、「実施設計」です。
エーシンホームの実施設計は、完成した設計図面にインテリアだけを追加していく、一般的なインテリアコーディネーターとは違います。
お客さまとお打ち合わせをしながら、その場で図面に造作家具を置いたり、パースを作成したり、時にはより生活スタイルや好み寄り添うために設計自体を変更したりすることも…。

私たちが考える家づくりとは、ただ建物を造ることだけではなく、暮らしをご提案すること
空間も暮らしに合わせてコーディネートすることで、お客さまが思い描く居住空間をご提案しています。
だから、空間デザインやコーディネートにおけるお客さま満足度も高いんです!

空間コーディネートにおけるご要望の中でも、特に多いのがテレビボードや洗面台、キッチンカップボードなどの「造作」提案
モデルハウスに備えられた造作家具を気に入り、「自分の家でも○○を造作で仕上げたい」とおっしゃるお客さまも少なくありません。
ただ、「造作は高い」というイメージから、二の足を踏んでいる方もいらっしゃるようです。
エーシンホームでは木材を独自に安く仕入れることで、よりリーズナブルな価格で造作家具をご提案していますので、造作に興味のある方は、お気軽にご相談くださいね。

造作の良さは、無垢の温かく心地よい雰囲気が演出できたり、空間全体が統一感のある空間に仕上げられることです。
おうちのテーマやこだわりの床材に合わせて、相性のよい木の色合いや質感、雰囲気で作ることができるので、お部屋がスッキリとまとまりのある印象になります。

木材にも様々な種類がありますが、おすすめは「タモ」
タモは、コーディネートしやすいナチュラルで明るい木肌の木材なので、明るく落ち着いた雰囲気を演出できます
優しく居心地の良い印象を与えてくれるので、小さなお子さまがいるご家庭にもピッタリです。
また、床材や人気の高い北欧家具に使われている「オーク」とも、色、質感ともに相性抜群
タモ自体も強度が高いことから床材としても使えるため、より統一感のある空間に仕上げたい方は、床も造作もタモで仕上げても素敵ですよ。
木目は、柾目(大人しくすっきりした木目)、板目(荒々しく印象的な木目)から好みにあった表情のものを選べるので、全体を合わせてもよし、場所によって使い分けてもよし、いろんなコーディネートで楽しめるのが、タモの面白さです。

他にも、メンテナンスのしやすさや、他の家具とのコーディネートのしやすさ、もし将来好みが変わってもコーディネートをまとめやすいなどのメリットもあります。

実際の建物の空間コーディネートを見てみたい、造作家具の雰囲気を見たいという方は、ぜひモデルハウスへ!
下記ページよりご予約を受け付けております。
https://www.eshin-home.com/modelhouse/

2022.09.06 ブログ

50年後も心地よく暮らすための断熱性能

未分類

未分類

こんにちは、エーシンホームです。

福井県は、夏暑く冬寒い厳しい気候の地域。
しっかりとした断熱性能を備えることで、夏は爽やかで涼しく、冬に家全体が暖かい快適な住まいを造ることができます。

それなら「断熱性能の数値が良ければいい家なんでしょ?」と思われるかもしれません。
もちろん間違いではありませんが、数値が0.1違ったからといって、その違いを体感できる人はいないと思います。

それに、住宅会社が提示する断熱性能の数値は、建物完成時の最も良い数値です。
しかし、家は30年、40年と住み続ける中で、どうしても経年劣化は避けられません。
それは、断熱材も同じことです。
それなら、新築時の断熱性能の数値に踊らされるよりも、「50年住んでも温かい家」のほうがよいのではないでしょうか。

このような考えから、エーシンホームでは、30年、40年、50年住んでも心地よく温かい家づくりをするために、断熱材の選び方や施工方法にもこだわっています。

◆モノコック工法の家「Moc(モック)」
高耐震性能で大空間を叶える「Moc」では、断熱性能が優れている上に、劣化もしにくい断熱材「フェノールフォーム」を使っています。
ただ、フェノールフォームは、斜めやカーブには適していない板状の断熱材のため、天井には可変性の高い水発泡断熱材を用いています。
場所によって断熱材を使い分けることで、吹き抜けや勾配天井などの、自由度の高い設計も実現。
モノコック工法の高い耐震性能+断熱性能があるからこそ、中庭とつながる大開口や開放感のある大空間をお造りすることができるのです。

◆木造軸組工法の家「Zic(ジック)」
「Zic」では、木造軸組工法と相性の良い、密着性の高い水発泡断熱材を使用しています。
できるだけ厚く施工することで、劣化したとしても30年後もちゃんと温かい断熱性を確保します。
床は、極厚断熱材「パイナルフォームネオ」
最近は薄く高性能な断熱材が主流ですが、木材との接点や覆う部分が少ないとそこから熱を逃がしてしまい、断熱性能の低下を招きます。
そうならないよう、あえて極厚の断熱材を採用し、劣化してもより長く高い断熱性能を保っています。

断熱材の使い分けや選び方、施工方法を工夫することで、50年後も温かい家を。
そして、自由度の高い空間づくり、家族がつながりを感じながら心地よく過ごせるリビングファーストな家づくり、開放感のある大空間の住まいも実現できます。

今も50年後も、ずっと好きな家で、安心して心地よく暮らす。
そんな家づくりを、エーシンホームはご提案しています。

2022.08.30 ブログ

憧れの平屋を手の届く価格で!規格住宅『平(タイラ)』のご紹介

未分類

未分類

こんにちは、エーシンホームです。

ここ数年で若い世代からの人気が高まっている「平屋」
平屋の特徴である“コンパクトな暮らし方”が、現代のライフスタイルに合っているのかもしれません。
しかし、「平屋は高い」、「広い土地が必要」というイメージを持っている人も多いと思います。
そんな方にご紹介したいのが、エーシンホームで昨年新しく発売を始めた新プラン・規格住宅「平(タイラ)」です。
https://www.eshin-home.com/modelhouse/taila/

「平」は、“憧れの平屋を身近に”をコンセプトに、平屋を手の届く価格で建築するセミオーダーの家づくりです。
規格型といっても、間仕切りの自由度が高く理想の間取りが叶う、今までにない新しい平屋づくりをご提案します。
設計は、注文住宅を手掛けるエーシンホームの設計士が担当するので、おしゃれでかっこいい平屋に。
もちろん土地探しから、しっかりとサポートします!
「平」なら、あなたの想い描く平屋ライフがご予算内で実現しますよ♪

◆規格住宅「平」の魅力
1:理想が叶う自由設計
一定の規格を設けていますが、間仕切りの自由度は高く、エーシンホームの設計士があなたの理想の間取りをお造りします。

2:段差のない快適な暮らし
平屋は、2階への上り下りをしなくても良いワンフロア設計なので、子どもや高齢者にも優しい家づくりです。
生活動線にもコンパクトで使いやすく、家事もラクラク!
毎日の暮らしがグッと快適になります。

3:内・外・家族と繋がる空間
エーシンホームらしい、室内と庭がつながる大空間設計で、おうち時間がもっと楽しく♪
BBQやキャンプ、家庭菜園など、家族の絆を深め暮らしを豊かにしてくれます。

4:低重心で地震に強い安全・安心
平屋は、2階建てに比べて構造がシンプルで高さが低いことから、耐震性に優れています。
エーシンホーム独自の工法で建築することで、耐震等級2相当の耐震性能を実現!

5:50年続く無料点検
経験豊富な見まわり大工が、50年に渡る無料点検を実施し、お困りごとに迅速対応します。
家が完成してから始まる、末永い安心をお約束します。

「平」は、お子さまが少ないご家族や、ガーデニングやアウトドアが趣味の方、広い庭が欲しいというご家族におすすめです。
10月末までの期間限定で「平」で建築されたお客様邸を公開中です。
https://www.eshin-home.com/news/news-6816/

さらに9月下旬には板垣分譲地にて「平」モデルハウスもオープン予定!
平屋に興味のある方や平屋と2階建てのどちらにしようかお悩みの方、家づくりを検討されている方は、ぜひ「平」で建築した家を体験してみませんか?
モデルハウスオープンに合わせてイベントも開催予定です。
詳細は、決まり次第ホームページにアップしますので、こまめにチェックしてくださいね!

2022.08.25 ブログ

エーシンホームの工務課・積算課をご紹介!

未分類

未分類

こんにちは、エーシンホームです。

今回ご紹介する「工務課・積算課」は、いわばお客さまの“縁の下の力持ち”的な存在です。
営業やプランナーに比べると、お客さまとの接点は少ないかもしれませんが、費用面や品質において、お客さまが期待以上、満足度の高い家づくりができるようにサポートしています。

◆積算課とは?
「積算」は、図面等から使用する材料や数量を計算し、家を建てるのに必要な費用の見積もりを算出する仕事です。
それだけではなく、他に妥当な材料がないか、より良い商材や工法がないか、といったことも検討して見積を算出します。
時には、現場での納まりの良し悪しなども図面から読み取り、設計課や工務課と共に改良していくこともあります。
お客さまが考える予算内でベストな家が造れるように、できる限りの知恵を絞って見積もりを提示しています。

積算課では、基本的には一組のお客さまに対して一人のスタッフが担当するので、みな自分の仕事に集中して取り組んでいます。
そのため、社内は比較的静か。
話しかけられなければ、キーボード・電卓の音だけという時もありますが(笑)、疑問点などがあればみんなでトコトン話し合う、メリハリがはっきりしています。

メインとなる仕事は「見積もりを算出すること」ですが、それにとらわれることなく、常に「“お客さまに喜んでいただく”ために積算課ができることとは何か?」を考えています。

◆工務課とは?
工務課では、主に現場管理の仕事をしています。
大きく分けて次の5つに分かれます。

○工程管理
家が完成するまでには、たくさんの工程と多くの人が関わります。
そのため、業者さんの日程の取りまとめや、工期・時間の予測など、現場がスムーズに進むように工務課のスタッフが現場を管理しています。

○安全管理
作業に取り組む作業員の安全を守るために、必要な設備や環境を整える業務です。
危険を予知し、事故を防ぐことが重要です。

○品質管理
現場で使用する材料の寸法や品質が図面に記されている内容と適正か、満たしているかを確認します。
間違ったもの、品質保証できない物を使用すると、大きな問題につながるため、適切な品質管理に努めています。

○コスト管理
工事費用が予算内に収まるよう、その最終責任も負いながら工事を進めています。

○対外調整
お客さまや近隣住民の方への説明など、工事期間はもちろんお引き渡し後の生活がスムーズに進められるよう対応します。
そのため、社内だけでなく社外に対してもコミュニケーションが必要となります。

以上が、現場管理の一般的な仕事内容ですが、エーシンホームの工務課では、現場サイドの声を設計や積算、営業、お客さまに伝え、対話をしながら、高い品質を目指して日々仕事をしています。
デザイン性や細部まで美しい納まりになっているかどうか、例えば、角やつなぎ目をこれ以上ないくらいキレイにシンプルに仕上げる。
そういう点においては、手間をかけてでもより良い品質、より良い施工を行っています。

どの現場管理者も、「良いものをしっかりつくること」を大切にしています。
工務課のスタッフは、1棟1棟を自分自身の家だと考え、お客さまが想う以上に大切に真剣に考えている、建築大好き&個性豊かなメンバーばかりです。
みな熱意に溢れ、知識や技術はプロ!
助け合いながら一生懸命ものづくりに励んでいます。


◆お客さまへのメッセージ
○積算課
お客さまとの接点はありませんが、見積もりという部分で営業・設計・工務を精一杯サポートし、お客さまの家がより良いものになるよう努めています。
家づくりの時に見積もりを見た際は、「積算課」の存在を少し思い出していただけると幸いです。

○工務課
現場のプロとして、地域の特性や気候などの住環境に考慮した家づくりのための施工をさせていただきます。
夏は猛暑、冬は雪深く厳しい寒さが続く福井の気候ですが、経年劣化しにくい断熱材や適材適所の素材選びによる施工で、1年中快適さがずっと続く家をお造りしています。
これは、エーシンホームがずっと福井で家づくりを行ってきた実績と経験があるからこそ、ご提案・実現できる家づくりです。
福井で快適に暮らすための住まいづくりは、ぜひ私たちにお任せください!

2022.08.23 ブログ

【施工事例】デッキや家事ラク動線で、おうち時間が充実する家

未分類

未分類

こんにちは、エーシンホームです。
今日は、エーシンホームが建築した新築住宅O様邸をご紹介します!

【デッキや家事ラク動線で、おうち時間が充実する家】
鯖江市:O様邸
家族構成 :ご夫婦+お子さま2人
敷地面積 : 226.06m2(68.3坪)
延床面積 : 136.00m2(41.1坪)

白のそとん壁に、無垢材のアクセントがおしゃれなシンプルナチュラルなO様邸の外観。
内観も白と木調で明るく仕上げ、おうち時間がより楽しく、家族が快適に過ごせる住空間をお造りしました。

L字型のLDKは、デッキを囲む大開口を設けることで、自然光を豊かに取り込む明るく開放的なお部屋になりました。
LDKにつながる広いデッキは、休日に家族でBBQやおうちピクニックをしたり、お子さまがプール遊びをしたりする家族の憩いの場になっています。
住まいの中心に配置してあることで、BBQなどの準備もラクラクです♪
外から視線も気にせずに過ごせるので、ゆったりとプライベートな時間が楽しめます。

また、ダイニングの後ろには、お子さまのスタディスペースとなるカウンターを造作しました。
家事スペースやパソコン作業のスペースとしても使える、家族のシェアカウンターです。

リビング横は、LDKと同じく白を基調とした明るい和室スペースに。
引き戸を開ければ、奥まで視線が抜ける開放的な大空間になり、面積以上の広さを感じさせてくれます。

奥さまお気に入りのアイランドキッチンは、こだわりのステンレストップ仕上げです。
フラットタイプにすることで、中庭への抜け感や広がりのある風景を楽しめます。
キッチンの壁は、キッチンに合わせて無機質なモルタル調のクロスを選び、スタイリッシュなコーディネートでまとめました。

こちらの造作洗面化粧台も、奥さまのこだわりのデザイン。
カウンターとボウルが一体型になっているので、お掃除もラクで家事手間を減らしてくれます。
洗面室近くに、サンルーム、浴室、ファミリークローゼットがまとまっている実用的な間取りも、快適な日常生活をサポートしてくれています。

「ステイホームでも、家族で快適に過ごせる家にしたかったんです」と話す奥さま。
「水廻りとファミリークローゼットがひとまとまりの間取りも、とても便利です。帰ったらまず着替えや手洗いをして、それからリビングに行く動線になっているので、リビングが自然と片付くようになりました」とお話しくださいました。
新しい住まいで、これから家族との思い出をたくさん重ねていっていただきたいと思います。
エーシンホームでは、ご家族の「好き」が詰まった家づくりを応援します。
ぜひ、みなさんの理想の家を私たちと一緒に造りましょう!

2022.08.18 ブログ

お手本にしたくなる、居心地の良いダイニング

未分類

未分類

こんにちは、エーシンホームです。

食事をしたり、家族や友人とおしゃべりをしてくつろいだり、何かと人が集まるダイニングスペース。
会話を楽しみながら、心地よく過ごせる空間づくりをしたいですよね。
そこで今日は、お手本にしたくなるような素敵な「ダイニング事例」を集めてみました。

モダンなコーディネートがかっこいい、キッチンとカウンターが一体化したオリジナルの造作ダイニングです。
キッチンすぐ横の配置にすると、料理をしながらお子さまの話を聞いてあげたり、家事の合間にちょっとくつろいだり、料理の配膳もスムーズにできます。
ダイニングスペースからは、中庭に植えたシンボルツリーのソヨゴが見え、自然を感じながら心地よい時間が過ごせます。

シンボルツリーが見える、カフェライクなダイニング。
白と木調のシンプルな空間に、グリーンが映えるピクチャーウィンドを設けました。
窓の位置と大きさは、座った時に景色が美しく見えるように設計しています。
緑が見えるだけで、心が和みくつろぎの空間を演出してくれますね。

ダイニング上を吹き抜けにして、開放感のある気持ちの良い空間を作りました。
吹き抜けがあることによって、家族の繋がりと開放感を感じられます。
上の写真のお住まいは、シンプル&ナチュラルテイストのダイニング。
下の写真のお住まいは、LDK全体が吹き抜けになった、木の素材感を楽しむダイニングです。
同じ吹き抜けダイニングでも、作り方やインテリアで好みの空間が作れます。

こちらは、キッチン&庭とつながるダイニングスペース。
中庭に植えられたシンボルツリーや光と風を感じながら、四季の彩りを楽しめる空間です。
シンプルなデザインながら、キッチンの造作家具や飾り棚などのお気に入りのインテリアが、日々の暮らしをより楽しく豊かなものにしてくれます。

こんなダイニングを作りたいな、という事例はありましたか?
この他にも、「住まい事例」で様々なダイニングをご紹介していますので、ぜひご覧ください!
https://www.eshin-home.com/case/