橋本 善悟 棟梁

喜んでもらうために、丁寧な仕事を。

常にいいものをつくりたい、喜んでもらえるものをつくりたい、そういう思いで取り組んでいます。
丁寧にすることは、いくらでもできるので時と場合に合わせた丁寧さを使い分けています。