STAFF BLOGブログ

2020.05.11 ブログ

【スタッフ紹介】設計部 髙橋「お客様により良い提案ができるように…」

髙橋 千佳

髙橋 千佳

企画課の松村です。
当社設計部スタッフの高橋にスポットを当てて紹介します。

【設計部】高橋 千佳
 
髙橋 千佳

1.出身地 
出身は、福井県でなく、お隣の石川県金沢市出身です。

2.好きな食べ物・好きなことは?

寒ブリの刺身・白子の天ぷら・温泉旅行です。
2ヵ月に一回は、仕事の疲れを温泉で癒しに行きます!
おすすめの温泉地は、「下呂温泉」、街並みも素敵です。

3.自分を動物に例えると?
モグラです!広いところにいるよりも狭いところが落ち着きます、なのでデッドスペースになりがちな階段下のカウンターなどのちょっと狭い場所はわくわくします。

4.仕事の内容は?
実施設計という設計プランナーとお客様で決めた間取りから、詳細な壁紙の色など、内装の細かな部分を決めていくところを担当しています。
お客様とのお打合せで、たくさんお話しをしながら、ご要望に合った色だったり、デザインを決めていきます。

5.やりがいを感じるときは?
私が担当させていただいたお家が出来上がり、お客様に喜んでいただけたときが、とてもやりがいを感じますし、長い時間一緒に悩んで決めたものを実際に見て、
「これにしてよかった」と言っていただけると、私もとても嬉しいです!

6.エーシンのここが好きは?
社員全員がよりよい家を目指し、仕事に取組んでいるところです。また、社員それぞれが個性豊かで自由なので、自分の考えとは違った見方もでき、そういった考え方もあるといつも刺激を受けています。

7.今後の目標は?
今よりもっと経験を積み、お客様により良い提案を出来るように知識を増やしていきたいです。
お客様によって好きな家のテイストが違うと思うのですが、それぞれ違った好きを一緒に形に出来たらと思います。

8.マイホームを検討中の方にメッセージをお願いします。
分からないことが多く、不安な面もあるとは思いますが、一生懸命お手伝いをさせて頂きますので、安心してお越しください!一緒にお打合せが出来る日を楽しみにしています!


2020.05.10 ブログ

スタディースペース

髙橋 千佳

髙橋 千佳

こんにちは、

エーシンホーム設計の高橋です。

 

だんだんと気温も暖かくなり、外出したい欲が高まってきましたが、

ぐっと我慢している今日この頃です…

 

コロナウイルスの影響で外出できないお休みの間に、

読書やちょっとした資格の勉強を始める方が増えているようです。

 

お家の中に勉強やちょっとした作業ができるスペースがあると捗ったりしますよね!

最近ではスタディースペースを設けるお家が増えています。

 

少しだけエーシンホームでの実例を紹介しますね。

  

○リビングの一角に…

他の家族とコミュニケーションをとりながら勉強や調べ物ができます。

お子さんの勉強も、リビングなど家族がいる空間で行うと学力がUPすると言われているようですよ。

 

○キッチンの近くに…

料理をしながら、お子さんの宿題をみてあげたり…

料理の合間に読書やレシピを検索したり…

など、奥様にうれしいスペースになります!

 

 

○階段下に…

デッドスペースになりがちな階段下を利用できます。

狭いところが好きな方には心地よい空間になります。(私は大好きです笑)

 

 

○吹き抜けの上部に…

直接家族の姿は見えませんが、声や足音など、

気配を感じながら過ごすことができます。

 

個室の中に机を置いて、勉強をするのもよいですが、

適度にコミュニケーションがとれるこういうスペースがあってもいいなぁと思います。

 

マイホームを建てられる際には、検討してみてもよいかもしれませんね!

2019.12.27 ブログ

光の色

髙橋 千佳

髙橋 千佳

こんにちは。設計課の高橋です。    

 

お家のインテリアは、床や建具の色、クロスなどさまざまな色で構成されますが、

照明器具の光の色でも、イメージががらっと変わります。

今日は電球色、昼白色、温白色の3種類の光色をご紹介します。

 

  1. 電球色

オレンジ色の光で、暖かく落ち着いた印象になります。

おしゃれなホテルやカフェ、住宅のLDKなどに使われることが多いです。

雰囲気は◎です。

しかし、他の2色に比べて暗く感じることがあります。

② 昼白色

白っぽい光で、明るい印象になります。

読み書きや色の識別がしやすいため、事務所や学校に使われることが多い光色です。

エーシンホームでは、LDKで使用することは少なく、

子供室やWICなど明るさ重視の部屋におすすめしています。 

 

③ 温白色

電球色と昼白色の中間の光色になります。

温かい雰囲気も出したいけど、電球色は暗く感じるなという方におすすめすることが多いです。

3つの光色は、それぞれに長所と短所があり、部屋の用途によって使い分けることも良いと思います。

ただ、夜の外観を考えると、むやみに光の色を使い分けるよりも

なるべく1色に統一した方が美しいと思います。

窓から漏れ出す明かりの色が揃っているととてもきれいですよね!

 

今回ご紹介した光の色以外にも、照明器具を選ぶときのポイントはたくさんあります。

エーシンホームでは、照明器具もお客様と1つずつ打合せしていきます。

ぜひ安心してお越しください。皆様と打合せができる日を楽しみにしています!

2019.10.24 ブログ

スポーツの秋

髙橋 千佳

髙橋 千佳

 

こんにちは

設計課の高橋です。

 

先日、社員10数名で体育館を借りてスポーツをしてきました。

 高校の部活以来、ほとんど運動をしてこなかったのですが…

まだまだ動けると信じて参加してきました!

 

 

 

 

 

 

バトミントン、バスケ、バレーボールの三種目を行いましたが、

久しぶりにするとどれも楽しいですね!

 

10代の社員から40代の社員まで年代は様々でしたが、

やっぱり日ごろから現場に出て、体を動かしている工務さんは体が軽い!

10代の社員には敵わないですし、普段ジム通いをしている後輩も余裕がありました…

私はといえば、案の定、翌日は筋肉痛で動けませんでした…()

 

これからは、定期的に開かれるようなのですが、

毎回筋肉痛になるのではないかと不安でいっぱいです。

 

スポーツの秋ですので、皆様も無理せず、運動を楽しんで下さい。

2018.12.25 ブログ

もうすぐお正月ですね

髙橋 千佳

髙橋 千佳

こんにちは。
エーシン設計課の高橋です。

もうすぐお正月ですね!
私が1年の中で一番楽しみにしている数日間がやってきます。

お正月は大抵、富山県の祖父母のお家で過ごすのですが、
元日の朝は家族で祖母が作ったお雑煮を食べます。
お醤油仕立てで、お餅の形は四角、鶏肉とニンジンが入っています。

最近まで知らなかったのですが、
石川県と福井県は丸いお餅でお雑煮を作ることが多いそうで…
しかも、味噌仕立て…おいしそうです!

「北陸3県」とまとめられてはいますが、当然地域差ありますよね~

先日、同じ課の先輩に教えてもらったのですが、
住宅の瓦の色も福井と石川、富山とで違うそうです。

福井は灰色のような黒色のような、きらきらした瓦が多いですよね。
質感はマットな感じです。越前瓦ですね。
越前瓦は寒さに強く、割れにくい性質があるようです。
石川と富山は真っ黒でつるつるした瓦が多いのだそうです。
黒い釉薬を塗って、北陸特有の湿った重い雪を屋根から落とす為だそうです。

注文住宅では、瓦の色も自由にお選び頂けます!
迷った時には、福井らしい色を選ぶのも良いかもしれません(^-^)

みなさんも石川、富山にお出かけしたときには福井の瓦と比べてみてください!

2018.09.08 ブログ

福井の方言

髙橋 千佳

髙橋 千佳

こんにちは
エーシン設計課の高橋です。

実は私、出身は福井県ではなく石川県です。
大学卒業までずっと石川県で過ごしてきました。

福井県に来てびっくりしたことのひとつは
福井の方言です。

石川県の方言もかなり変わっているとは思いますが…
福井の方言もまた違った感じで変わっているなと感じます。

最近のお気に入りは「~つんた」です(^-^)
つかう地域とそうでない地域があると聞きましたが、
今はこれが一番のお気に入りです。

福井の友達と会話をしている最中に
さりげな~く「つんた」を入れてみることがあるのですが
「え、一瞬気付かんかった!上手やね」と褒められます(笑)

少しずつ福井県民の仲間入りをした気分になって嬉しいです!

まだまだ知らない福井県の方言があると思うので、
皆さんたくさん教えてください(*^_^*)!