STAFF BLOGブログ

2020.09.18 ブログ

社会人になって

瀧本 大輔

瀧本 大輔

初めまして!
四月に入社し、エーシンホーム技術部工務課に配属となりました、瀧本 大輔と申します。

突然ですが、私の自己紹介をさせていただきます。

・出身 福井市
・年齢 22歳
・学歴 福井工業大学デザイン学科
・趣味   阪神タイガースの応援・プロレス観戦・写真撮影

 

大学時代、教授の勧めで現場監督に同行する機会がありました。
そこで、仕事のやりがいや現場監督のノウハウを教わり、いつしか私も「現場監督」という職に憧れを抱くようになりました。

大学の講義では、主にまちづくりを専攻していたため、現場の知識はほとんどありません。

上司と同行していく中で、毎日たくさんの現場の知識を上司・携わってくださる業者さんから教わり、勉強の日々です。少しづつではありますが、わかることも増えてきました。

同期からも刺激を受けています。今年は私を含め16名が入社しました。設計・営業・大工。みんなの活躍した話や姿を見ると、自分も負けてられない、頑張らなくてはと強く思います。同期とパシャリ📸

 

社会人になって仕事をしていくなかで、この頃よく感じることがあります。例えば、上司から、現場へ木材の搬入を頼まれたとします。私自身、木材を搬入した時点で仕事を終えたと思ってしまいます。

ですが、その運んだ木材は「どの部屋に使われ、どう施工されるか、なぜそういった形をしているか」考えずに自分はただ運んでいるだけ。

自分の成長を自分から止めてしまっています。一つ一つを深く考えて仕事をする人間とでは、大きな差が生じます。

これからもっと積極的に日々の仕事に取り組み、考え、一日でも早く上司のような素晴らしい現場監督に一歩ずつ近づいていきます!

そして最後に、私が撮影した写真を投稿し、今回のブログの終わりとしたいと思います。

(大野市のシバザクラ)

五月上旬が見頃で、ゴールデンウイークに訪れました。あたり一面シバザクラで、山に囲まれ、田んぼに差す太陽の光が、シバザクラの輝きをより一層引き立て、ものすごくパワーをもらいました。私も周りにパワーを与えられるような人材になれるように日々精進いたします。

 

 

2020.09.05 ブログ

壁紙

髙橋 千佳

髙橋 千佳

こんにちは、エーシンホーム設計課の髙橋です。

 

今回は壁天井仕上げ材の中から、壁紙について少しだけお話したいと思います。 

 

壁紙の種類はたくさんありますが、最も一般的なビニールクロスを紹介します。

 ビニールクロスは、柄や色が豊富にあり、他の仕上げ材に比べて手入れがしやすいという特徴があります。

 

柄や色が豊富にあると書きましたが、本当にたくさんあります!

無地のものはもちろん、花柄、チェック柄、星、動物などなど…

きっとかわいい!と気に入る色柄はでてくると思いますが、

エーシンホームでは、基本は無地の白をおすすめしています。

 

壁紙を白にすると、お部屋が寂しく見えるんじゃないかと思われるかもしれませんが、

お部屋の中って意外とたくさん色が出てくるんです。

たとえば、床、建具、家具、カーテン、など…

↓の写真も壁紙は全て白ですが、全然寂しくないですよね。

 

 

壁紙をシンプルな白にすることによって、すっきりした飽きのこない空間になると思います。

 

とはいっても、好きな色を使いたい!という方には、

アクセントとして一面だけ壁紙の色を変えることもお勧めしています。

 

たとえば、トイレ。小さな空間なので壁一面だけ変えるだけでも、印象がガラッと変わります。

床や建具の色との相性を見ながらですが、大胆に変えられる方も多いです!

 

他には、寝室。

グレーやベージュなど落ち着いた色のクロスを選ぶと、良い雰囲気になります1ね。

 

 

他にも壁紙を選ぶポイントはたくさんあります。

お打合せの際には、担当スタッフがアドバイスさせて頂きますので、安心してお越しください!